海外移住まで4(セブ島語学留学)

こんにちは。 文茶屋です。

僕はアトピー改善を狙い、
海外で日本語教師になることを決意しました。
2017年8月退職し、
10月に「日本語教育能力検定試験」を受験しました。
(12月下旬に合格通知が実家へ来ました)

さらに英語力の向上のため
フィリピン、セブへ10月下旬より、英語留学することにしました。

一つは、再就職を少しでも有利にするため。
一つは、海外旅行に行くたびに、「もう少し英語ができれば面白いのに。」
と思っていたからです。

【目次】

  1. セブ島・語学留学はセブ市内がおすすめ
  2. セブ島留学はいくらかかるのか?
  3. 持ち物は何が必要?

1.セブ島・語学留学はセブ市内がおすすめ

セブ島は英語留学先として、とても人気があります
費用が、欧米に比べ大変安いからだと思います。

僕の通ったのはセブシティの語学学校です。

セブの語学学校は空港のあるマクタン島と
橋を渡ったセブ市内にあるものに分かれます。

マクタン島からセブ市内は5キロほど離れています。

リゾート気分を味わいたい人はマクタン島が良いでしょう。
それ以外の人はセブ市内をおすすめします。

マクタン島には遊ぶところがほとんどありません。
また休日にセブ島の観光地、大規模ショッピングセンターに
行くには、タクシーを捕まえ、三十分以上かかります。

セブシティにはコンビニもカフェ、ファーストフードも多いです。
生活には困りません。

また、セブ島各地へのバスも多数出ており便利です。
モアルボアルなど、ダイビングスポットで有名な海へも
行きやすいです。

マイナス点は、ジプニーという、小型トラック改造の格安バスが走り
真っ黒い煙を吐いていること。
空気は悪いです。

英語力も向上し、フィリピンの雰囲気も味わい方は、セブ市内
英語力強化に集中し、リゾート気分でいたい方はマクタン島が良いでしょう。

2.セブ島留学はいくらかかるのか?

ぼくの通ったC校でのカリキュラムは、
・一日マンツーマン授業を4時間×6週間(土日は休み)、
・宿泊は一人部屋で、三食付き(土日祝は朝のみ)でした。

(カリキュラムは柔軟にオーダーできます。マンツーマン6時間・8時間もOK)

これに、入学金15000円、ビザ(30日を超える滞在には観光ビザが必要)
SSP(観光ビザで留学できる許可証)取得費用を入れて、35万程度でした。

さらに関空からですと、往復の航空券代が3万円から4万円です。
他に現地での旅行、外での食事を入れると
かかったお金は45万円ほどになりました。

総額の目安は
学校にかかる費用+10万円程度です

休日、高いホテルに泊まったり、高級レストランで食事すれば、
もちろんこれで収まりません。
また、美しいビーチ、モアルボアル、オスロブなどで過ごしたい方は、
この目安に、プラス費用がかかると思ってください。

3.持ち物は何が必要?

持って行ったほうが良いもの一覧

  • パスポート(有効期間が6か月以上のもの)
  • クレジットカード(ATMでキャッシングもできます)
  • 財布(現金は初め3万円あれば十分です。あとはATMキャッシングが良いです)
  • 上下の服装(厚着のものはいりませんが、冷房が寒いので羽織るものも必要)
  • 下着・靴下
  • 帽子(日差しが強いです)
  • 折りたたみ傘(突然雨が降ります)
  • 常備薬(薬局はありますが、使い慣れたものが良い)
    →セブ市内は空気が悪かったので、目薬をもっていけば良かったと思いました)
  • 筆記用具
  • 辞書
  • スマートフォンかノートパソコン
    (携帯電話は通話用途だけなら、現地で2000円程度で買えます)
  • セブ島のガイドブック
    (「地球の歩き方」を持ってきました。休日の機動力が増します)
  • ほかに、ビーチにいくのでしたら水着ぐらいでしょうか。

基本的に、現地にセブンイレブンもたくさんあり、
大型スーパー、ユニクロなどもありますので、大抵のものは買えます、
荷物は少なくしていくことをお勧めします。

まとめ

・セブ島語学留学は、セブ市内が便利。
→リゾート気分で、英語に集中したい人はマクタン島がおすすめ

航空券込みの費用総額の目安は学校にかかる費用プラス10万円

・持ち物は大抵現地で揃うので、少ないほうが良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする