ずんのやすさんはどんな人?柔道の実力は?ケガは大丈夫?

お笑いコンビ「ずん」飯尾和樹さんの相方「やす」さん
「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の
「空手の師範代」シリーズが好きでした。

初めはそれほど面白いと思わなかったのですが、
シリーズを重ねるに従い、じわじわと来ました。
(勢いで笑ってしまいます)

第4回では見事優勝していますね。

さて「ずんのやす」さんはどんな人なのでしょうか?まとめてみました。

目次

  1. 「ずん」のやすさんのプロフィール
  2. 「ずん」のやすさんの柔道の実力
  3. 「ずん」のやすさんの事故でのケガと現在の活躍

1.「ずん」のやすさんのプロフィール

出典 tokudane-totteoki.blog.so-net.ne.jp

お笑いコンビ「ずん」のつっこみ担当。相方は飯尾和樹さん。
2000年にコンビを結成しています。
本名 藍木 靖英(あいき やすひで)
生年月日 1969年11月18日
出身 宮崎県児湯郡高鍋町
身長 175cm
国際武道大学中退
→千葉県勝浦市の私立大学です。
1984年に出来た新しい大学です。
プロ野球選手、サッカー選手を輩出しています。
お笑い芸人では「古賀シュウ」さんが同校出身です。

2.「ずん」のやすさんの柔道の実力

出典 https://twitter.com/hashtag/ずんのやす

さて「空手の師範代」のモノマネを「柔道着」でしていたやすさん。
柔道の実力どの程度でしょうか?

やすさんは柔道二段です。
加えて、九州大会で8位だそうです。

柔道は裾野が広い武道ですから、なかなかの経歴ですね。
筆者は運動音痴ですから、武道が強い方は尊敬します。

他に柔道が強い芸能人は
五段 小林旭 三段 藤岡弘、 二段 マギー審司 村上弘明 中野英二
初段 ウド鈴木 ラッシャー板前 ダニエルカール など

マギー審司さんとダニエルカールさんがとても違和感があります。
穏やかなのに、強い。

ウド鈴木さんは柔道ネタをふられると
「やすさんには敵わないです!神のような人です!」と持ち上げています。
素敵ですね。

ちなみにロシアのプーチン大統領は六段です・・・。

やすさんは武道に慣れ親しんだからこそ、
本来地味である「空手のモノマネ」で笑わせることができるのでしょう。
得意分野がやっぱり一番似合います。

なお、テレビ出演時に着用している柔道着に
「ずんのやす トークライブ」と刺繍があります。

「ずん」とネーム入れを頼んだのですが、
トークライブのチラシを見ながら説明したために
店員が間違って「トークライブ」の部分まで刺繍してしまったそうです。

大切に使っていらっしゃいますね。

3.「ずん」のやすさんのケガと現在の活躍

出典 https://twitter.com/hashtag/ずんのやす

「ずん」のやすさんは、
2012年2月「とんねるずのみなさんのおかげでした」収録で
新潟県のスキー場のゲレンデを、
水上スキー用のゴムボートで走行しました。

タイムを競うゲームでした。

雪で作ったスロープで減速して停止するはずでした。

しかし、150メートル滑るうちに、スピードが出過ぎ、
スロープで止まることができず、
飛び越えて4メートル下の小屋に激突したのです。

腰の骨を折る大ケガでした。
すぐに新潟県内の病院に搬送され、
その後東京の病院で本格的な治療をしました。

復帰を危ぶまれましたが、順調に回復しました。
武道で鍛えた過去が、役に立ったのかもしれません。

最近では、出川哲朗の充電させてもらえませんか?スペシャル」
に出演されていましたね。

ほかにもテレビ東京「東京クラッソNEO」にも出演されています。

地味ですが、穏やかな九州男児の芸風で、
「ずんのやす」さんにこれからも楽しませてほしいと思います。

読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする