六角精児さん「呑み鉄本線・日本旅」の鉄道はどんな路線?(その1)

「呑み鉄」が好きな六角精児さん。
NHKの「呑み鉄本線・日本旅」でどこを訪れたのでしょうか?
この記事では「呑み鉄本線・日本旅」乗車路線をまとめてみました。

目次

  1. のと鉄道(2015年4月12日放送)
  2. 山形鉄道(2015年8月23日放送)
  3. 留萌本線(2015年12月5日放送)
  4. 小湊鉄道・いすみ鉄道(2016年4月9日放送)
  5. 根室本線(花咲線)(2016年8月7日放送)

1.のと鉄道(2015年4月12日放送)

のと鉄道穴水駅 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/のと鉄道七尾線

JR七尾線の和倉温泉から先の部分(和倉温泉~輪島)が
1991年にJR西日本から分離されました。

かつて国鉄能登線だった穴水~蛸島とあわせて
「のと鉄道」で経営されていました。

しかし能登半島の道路事情の改善と過疎化、
高速バスの台頭で乗客が減少しました。

1991年に七尾線の末端、穴水~輪島が廃線。
2005年には穴水~蛸島の能登線が廃線となっています。

現在は七尾~穴水33.1キロの営業です。
(七尾~和倉温泉はJR西日本と共用区間)

筆者は廃線間近の輪島駅に行ったことがあります。
観光全盛期を偲ばせる、近代的なコンクリート造りの駅が
がらん、としていたのを覚えています。

現在は七尾~穴水に一時間に一本程度列車が走っています。
観光列車「のと里山里海号」が走ります。

終点穴水駅ホームでは、
冬場に、牡蠣炭火焼き店「あつあつ亭」を営業しています。

セットメニュー(焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ごはん、味噌汁、漬物)1800円です。

2.山形鉄道(2015年8月23日放送)

山形鉄道 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/山形鉄道

元国鉄長井線です。赤湯から荒砥まで30.5キロです。
沿線の主要都市長井市に本社があります。

映画上野樹里さん主演の「スウィングガールズ」で出てきましたね。

イベント列車で「地酒列車」が4980円で走っています。
5つの酒蔵の地酒とどぶろく、おつまみ付きです。
日本酒好きの方は
山形各地の温泉とセットにして旅すると楽しいですね。

3.留萌本線(2015年12月5日放送)

秩父別駅

筆者の好きな路線です。
2016年12月に末端の留萌~増毛が廃止されました。

深川~留萌の50.1キロの路線です。日本で一番短い「本線」です。

留萌は、ニシン漁で栄え、炭鉱も留萌管内羽幌、築別にあって栄えました。

留萌駅

現在の二階建てのコンクリートの堂々たる留萌駅舎は
昭和42年(1967年)建築です。

留萌の華やかなりしころを思い起こさせます。

筆者が学生のころ旅した1996年には
まだキヨスクがあったのですが、今はありません。

この駅舎との、北海道の地方都市独特の風情が
旅情を掻き立てます。
現在存廃が論議されています。

駅では特産の「にしんそば」を食べることができます。

4.小湊鉄道・いすみ鉄道(2016年4月9日放送)

小湊鉄道・いすみ鉄道の接続駅 上総中野駅 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/上総中野駅

房総半島にあるローカル線です。

小湊鉄道はJR内房線五井~上総中野(39.1キロ)
いすみ鉄道はJR外房線大原~上総中野(26.8キロ)です。

いすみ鉄道は元国鉄木原線で第三セクター路線です
自分で訓練費用700万円を支払い、運転士になるシステムが話題を呼びました。

私も別会社ですが電車の運転士を10年以上やりました。

乗務員は一朝一夕になれない、なかなか大変な仕事でした。
ただし、小さい子供からは喜ばれるし、
やり甲斐もあります。職人気質な仕事だと思いました。

メリットのひとつは、どんな人にも
「自分は電車の運転士だ」と言うと、話が弾むことでしたね。

運転士になりたい方はぜひ目指してください。

5.根室本線(花咲線)(2016年8月7日放送)

茶内駅 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/茶内駅

根室本線の末端、釧路~根室の愛称が「花咲線」です。
花咲ガニから命名されています。

沿線人口の希薄なところで、
原野を一直線に細い線路が走ります。

学生時代途中下車し、
厚岸(あっけし)で有名な「かきめし」を食べました。
この駅弁は全国のデパート駅弁大会で買うことができます。

隣の門静駅の古い駅舎で駅寝した思い出があります。
現在は簡素なものに建て替えられました。

終点の根室は8月なのに20度を下回って
寒かったのを覚えています。

その2へ続きます

読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする