おすすめのコーヒーチェーン THE COFFEE HOUSE

こんにちは。文茶屋です。
この記事では、ベトナム主要都市に展開する
お洒落なカフェ、THE COFFEE HOUSEについて紹介します。

ハイランズコーヒーほど店舗は多くありませんが、
全国にチェーン展開しているカフェです。
ホーチミン市が発祥です。
よって、ホーチミン市には店舗が多いです。

ただ、ハノイでは
偶然歩いていたら見つかるほど、多くはありません。
行ってみたい方は、グーグルマップで予め調べてからが良いでしょう。

【目次】

  1. 現代的な店内と若者の多さ!
  2. どんなメニューがあるの?
  3. ケーキは安めだが、高めのバインミー

1.現代的な店内と若者の多さ!

THE COFFEE HOUSEの特徴は、明るく、現代的な店内です。
ライバルのハイランズコーヒーは茶系統で、「古き良き時代的」内装です。

こちらはガラスを多用した外装から、光が多く差し込みます。
店内はコンクリート打ち放し風で、テーブルは黒に近いブラウンです。

モノクロ基調のインテリアです。

僕のよく行くハノイの店舗では、
とにかく若者が多いです。

しかも彼等は、なかなかお洒落であったりします。
ベトナムに来てから服装に無頓着でしたが、
ここに来て
「まずい、たまにはちゃんとした服を着なければ・・・。」
と反省しました。

実際、店内で作業に没頭していると
ベトナムに居ることを忘れそうになります。
(そして、店を出て現実に戻ります)

ベトナムの喧騒に疲れて、一息つきたいときは
で休むと良いでしょう。

日本のカフェで休んでいると錯覚するかもしれません。

2.どんなドリンクがあるの?

ハイランズコーヒーと同じく、メニューは豊富です
ドリンクに関しては値段はあまり変わりません。

ベトナムコーヒーのブラックコーヒー(カフェ・デン)は
29000ドン・150円ほどからあります。

アメリカン、カプチーノやキャラメルマキアートもあります。

僕はホットのラテ(45000ドン・230円ほど)を頼みます
ラテの味はハイランズより苦味が強く感じます。

口直し用のコップ一杯の水がついてくのが
ハイランズと違うところですね。

ベトナムのコーヒー屋では、
コーヒーにお茶や水が一杯ついてくることが多いです。


おすすめはバック・シウ(29000ドン)です。
牛乳多めの、甘いベトナムコーヒーです。
この苦みとまろやかさは、ベトナムオリジナルだと思います。

他に、フレーバーティー(桃、オレンジ、ライチなど)、サンデー
シントー(シェイク)などがあります。

値段は40000ドンから60000ドン、
200円から300円程度です

3.ケーキは安目だが、高めのバインミー

フードメニューは、クロワッサン、バインミー、
チーズケーキ、チョコレートケーキ、抹茶ケーキなどがあります。

値段は25000ドン(130円ほど)から29000ドン(150円ほど)が多いです。
ハイランズと同程度を意識しているのかもしれません。

バインミーは29000ドン(150円ほど)で、高めの設定です。

更に、ハイランズは、大抵調理して出してくれるのですが、
こちらはショーケースのものをレンジで温めるだけです。
サイズも小さめです。

パン自体はTHE COFFEE HOUSEほうが高級感があるのですが、
「お得感」は値段の差(ハイランズは19000ドン)もあって
ハイランズに軍配があがります。

ちなみに、ホーチミンで仕事をするとき、
よく行くTHE COFFEE HOUSEの前に、おばちゃんバインミー屋台があります。

ここが、カマボコを揚げたおいしい具で、
しかも一個10000ドンなのです。
僕はバインミーを屋台で食べてから、店へ入ってコーヒーを飲んでいます。

まとめ

THE COFFEE HOUSEの特徴は、現代的なガラス張りの外観。

内装はコンクリート打ち放し風で、シンプルである。モノクロ基調。

地元のお洒落な若者でにぎわっている。

コーヒーはハイランズより少し苦め。
→バック・シウを飲んでみるのも旅の記念に良い

フードメニューはお上品な感じ。バインミーは値段も高め。

ハイランズと比べて、訪れてみるのも楽しいと思います。