ハノイ・コウザイのフォー屋、チャン・トァンがおすすめ

こんにちは、文茶屋です。

この記事では、ハノイの市街から東よりの
コウザイ(Cầu Giấy )地区にある
おすすめのフォー屋 、
フォー・ボー・チャン・トァン(Phở Bò Trần Toản)を紹介したいと思います。

【目次】

  1. チャン・トァンへはどうやって行くの?
  2. チャン・トァンのおすすめのメニューは?
  3. チャン・トァンは旅行者でも入りやすい

1.チャン・トァンへはどうやって行くの?

チャン・トァンは、キンマー通りから、
そのまま東に行った大通り「コウザイ通り」にはありません。
(建設中の都市鉄道の高架が、真ん中を通っているのがコウザイ通りです)

チャントァンは、もう少し北の、ンギア・タン湖の東エリアにあります。
ト・ヒェウ(Tô Hiệu)通りにあり、周辺は地元向けの小レストラン街です。
住所は107 Tô Hiệu, Khu tập thể Nghĩa Tân, Cầu Giấy, Hà Nộiです。


和食街のキンマー通りから、28番のバスで、ダイホク・モー方面へ行ってください。
東行きのバスです。181 Tô Hiệuで降りてください。
ンギア・タン湖から左折して、すぐ学校の前がバス停です。
運賃は7000ドン(35円)です。

このバスはラッシュ時物凄く込みますので
気を付けてください。
上記の住所を見せて、タクシーで行っても良いですね。

帰り、キンマー方面へは降りたバス停の道路向かい側です。
(VIN MARTがある側です)

181 Tô Hiệuバス停から、東へ歩いて2分ほどです。
(キンマー方面から来たなら、進行方向そのまま。バインミー屋があります)
Trần Toảnが店の名前ですが、大きく書いてありません。
むしろ「Phở Bò」と大きく書いてあります。

観光客が来るエリアでは無いうえ、
日本人も基本的に用がない通りです。

なぜ僕が、ここを見つけたかといいますと、
「学校からのバスの途中にあったから」です。

いい夕食場所はないか?と探して、この通りを歩いてみたら、
この店が、地元の方でたいへんにぎわっていたのです。

しかも、日本人にもわかる、フォー・ボー(牛肉入りフォー)。
店内も、ベトナムの地元食堂としては綺麗だと思います。

2.チャン・トァンのおすすめのメニューは?

おすすめはもちろんフォー・ボーです。
この店はボーの専門店です。

ちなみにフォーの発音は難しく、
日本語の発音では(観光客慣れした店でなければ)
98パーセント通じないと思います。

声調があるので表現できませんが、
「フェォォ?」みたいな発音です。
チャレンジしたい方は、ぜひYou Tubeなどで
練習してください。

フォー・ボーは35000ドン(180円ほど)です。
代表的なメニューは
タイ(半生肉)・チン(火を通してある)の二つです。

後のメニューは、肩肉、筋肉などの部位になります。

好みにもよりますが、タイのほうがフォーらしいと思います。
少し、スープで肉をゆがくと良いでしょう。

付け合わせに、ライム、もやし、香菜がついてきます。
地元の方でにぎわっているだけあります。
味は保証できます。

フォーの焼きそば(フォー・サオ)も具だくさんでおいしいです。
45000ドン(230円ほど)です。

ミー・サオは、あんかけ焼きそばタイプです
45000ドン(230円ほど)です。

僕は食べたことはありませんが、
地元オヤジが良く注文しています。
きっと当たりのメニューだと思います。

もうフォーに飽きた方にお勧めなのは、
チャーハン定食、コム・ザン・ズア・ボー(Cơm rang dưa bò)です。
45000ドン(230円ほど)です。

rang(ザン) dưa (ズア)と読みます。

きゅうりの浅漬けが一皿(結構多い)、スープ、バター炒めのチャーハン
菜っ葉と玉ねぎ、牛肉の炒めもの一皿です。
お腹いっぱいになります。
辛くはなく、万人受けする味だと思います。

「安くベトナムの家庭料理が食べたい。」という方は
オーダーしてみてください。

3.チャン・トァンは旅行者でも入りやすい

ハノイの日常風景の食堂に行きたい。おいしいフォーが食べたい。
そういう方にはチャン・トアンは最適だと思います。

僕もそうですが、
ベトナムのローカル食堂は初めて入るには気合がいります。
どうしてでしょう?

① 店までどうやって行って帰ればいいかわからない。
② 言葉がわからない
③ メニューがわからない
④ 注文の仕方がわからない
⑤ お会計をどうすればいいかがわからない

主な理由はこれくらいでしょう。

① 住所を見せ、タクシーで行くか、グーグルマップで行くかで解決します。
② 会話集持参でOKです。
③ チャン・トアンはメニューが少ないです。この記事のメニューで問題ありません。
④ 手を上げるか、店員にいきなり近づいていえばOKです。
⑤ 店員に「タィン・トァン」(支払い)といえば大丈夫です。
(本当は「ティン・ティエン」ですが、声調と発音がやや難しい)

ぜひ、旅の思い出にチャン・トァンまでたどり着いて
おいしいフォー・ボーを食べてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする